ドラゴンクエストと夏


Edit Category その他
DSC_1396.jpg

ドラクエといえば夏休み
セミがミンミン鳴く季節
アイスクリームと扇風機
朝から晩までコントローラ握ってた弟

そんなイメージがずっと強くあった


うちは母親がFF大好きで、その影響で姉もFFに嵌ってました。

ずっとオンタイムでやっていたわけではなかったと記憶するけれど、なにかのキッカケでFFの虜になった彼女たちは新しいナンバリングを入手するたびに意気揚々とゲーム機を取り合って順番にプレイしていた記憶があります。

そんな中、弟だけがドラクエだった。

私はといえば幼少期~学生時分はTVゲームにはさほど興味がなく、まあ周りにやってる人は多かったので人並みに触ってはみるけどすぐ飽きちゃうタイプでした。父は一切やらない人でした。

母も姉も弟も所謂ゲーマーというほどあれこれゲームをやりこんでいたわけではなく、好きなのが出たら一時夢中でやってるようなごくごく一般的でライトな感じでしたが、弟のドラクエ熱だけは当時の自分から見たら異常だった。

学校の友達に借りてきて始めたドラクエに相当夢中になっている彼を見て、何をそんなに?!って首をかしげたものです。もともとゲームそんなにやらないヤツだったから余計。

夏休みという子供にとっては超楽しい一大イベント中、海にも行かず山にも行かずプールにも行かず朝から晩までドラクエやってるナニこいつ。

今思うと彼はあの時壮大なる世界で冒険をしていたのだなぁ。

「まだやってんなあ」とチラ見しつつ先に布団に入り、明くる朝みたら私が寝る前に見た時とまったく同じ体制で鎮座しているわけですコントローラー握りしめて画面ガン見して。その傍らには何やら意味不明なひらがなの羅列が書き殴られたメモ…ナニコレなんのおまじない?!ひぃ!こわ!

って思ってた自分もいづれその気持ちが解りすぎるほど解るのですけども。


そんなある夏の日の午後、たまたま弟が留守だった時にふとリビングに放置されていた電源つけっぱのゲームに気付いて。

これの何がそんなに面白いんやろう?って興味本位でテレビのスイッチを入れてみまして。

たぶんすぐに帰ってくるからってことでゲームは電源入れっぱでTVの画面だけ消して頓挫したままの状態だったので、テレビさえつけてコントローラーを触ればそのまま進められるかんじだった。ドラクエⅠかⅡだった?と思う。(リアルタイムではない)

はじめて触るドラクエ、しかも人の続き。よくわかんないナニこれ見づらい。なにしたらいいのどこいくのワケワカラン!

って思いながらマップをあちこちウロウロしてたらあっという間に後ろに棺桶の列が出来た。

ん?ああこれ死んだの?
って気づくまで少し時間がかかった。

誰が死んだの?
てか自分どれ?
えっ なんか出てきたこれどうすんの?

・・・

ほどなく全滅してもうこれ以上ゲーム続けられないって状態になってしまいまして

はて

ようわからんけどなんか
これたぶんマズいんちゃうかな

どうしよ?

弟が帰ってくる前にこの惨事をなかったことにしたくて、おもむろにコンセントを抜いた私を誰も責めることなど出来まい。だってちゃうねん知らんかってん!ごめんて!

後程こっぴどく叱られたのは言うまでもないです。

普段は私の言うことは大概なんでも素直に聞いてくれる子だったのだけどこの時ばかりは。口汚く私を罵りながら涙目になってる弟を見て本当に悪いことをしたと猛省した。

恐るべしドラクエ。二度と触るまい。

て、本当にそれから一度たりともドラクエに触らなかったんです。Xをやるまで。

あのとき心から申し訳なく思ったのは本当だけど、その件がさほどトラウマになっていたわけでもなく単にそこまで興味がなかっただけというか、自分の周りに自分よりもガッツリやってる人がいたらなんかもう私やらんでええかな、とか思う性質というか。面白さも知らなかったし他にやりたいこといっぱいあったし。

FFは姉がやってるしドラクエは弟がやってるし、私はゲームといえばMOTHERとかNiGHTSとかどうぶつの森とかをたまにちょろっとやってましたなんでだろう?自分用に持ってたハードがセガサターンとゲームキューブとゲームボーイだったからかな。

そんな私達も今じゃ別々に暮らす中、姉は相変わらずFF。還暦をとうに過ぎた母も今でもオフラインのナンバリングは続けているようです。さすがにオンラインはやらないみたいだけど、とにかくFFが大好きな様子。私なんかよりずっと詳しいし上手い。

私はといえば後にパソコン時代に突入し、オンゲの楽しさを知った。DQXはオンラインだからやらないって人もたくさんいる。うちの弟もそうだ。

けど私はオンラインだからやった。
結果、ドラクエが大好きになって過去作にも手を付けだした。そうやって遡って好きになってく人もたくさん居られると思います。アストルティアのおかげです。


あいつもⅪはやるんだろうか?あの夏のように。そして私にコンセント引っこ抜かれた夏を思い出すのだろうか。

たぶん夏じゃなくても一年中やってたんだろうと思うんだけどなんか夏休みのイメージがある。夏休みって自由な時間がたくさんあったからかな。


大人になるとなかなかそうもいきません

仕事や家事、それ以外でも何かと人それぞれアレコレあるんです大人には。比較的自由がきく人もいますがそうじゃない人のほうがきっと多い。体力だって落ちてる。ゲームだって体力要るんです。

それでも

大の大人がええ歳こいて楽しみにしているわけですよね

冒険のために用事を調整して
仕事も家事もがんばる
とにかく早く帰りたい

これほんと素敵なことです

何日も前からずっとずっと楽しみにして
夢と希望を胸に今宵いざ旅に出かけるのですよ!うおお!


DQXがまもなく5周年

その冒険もまだまだ続く中、発売される新しいナンバリング。Xのバージョンアップでも毎回十分楽しみにワクワクできる自分なのに、何もかも新しいゲームで新しい冒険とかもうね。

Xをすっ飛ばした人にとったら約8年ぶり?くらい?そちらの方々もさぞかしや楽しみなのでしょう。

もうあと数時間です。きっと数えきれないほどの勇者がスタンバっているのだろうな。こんな瞬間に人生の中で何度立ち会えるんだろうか?

冒険を今か今かと待ちわびるすべての勇者たちにとって、今年の夏は忘れられない夏となるのでしょう。


もちろん私にとっても。




関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry8月のラインナップ@家具屋

Older Entryv3.5後期を迎えて

Comments



 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
 
 
 
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
 
Twitter
 
 
人気ページ
 
プロフィール

Meifa

Author:Meifa
【このブログについて】
ドラクエX 冒険の記録。
冒険者マイページのアルバムがすぐに満タンになるので、写真保存用に作った個人的ブログです。攻略や最新情報、ためになる話の類は一切ありません。

【作者について】
●メイン:メイファ@ウェディ♀ 
    
●本 職:戦士
●職 人:裁縫→武器鍛冶
●生 息:サーバー36
  
●チーム:レフュージア
入りたいチームがないので自分で作りました。来るもの拒まず去るもの追わず、自由気侭にやってます。団体行動が不得手なリーダーですいません。

 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 
 
copyright
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
 


ARCHIVE RSS